3.エコロジー

バイオディーゼル燃料と化石燃料(かせきねんりょう)のちがい!?

化石燃料(かせきねんりょう)は、地底(ちてい)にうまっている原油(げんゆ)や天然ガスを掘り出して燃料(ねんりょう)にしているんだ、これらには限り(かぎり)があっていつまでもは掘ることができない。

み んなは、地球温暖化(ちきゅうおんだんか)ってことばをきいたことがあるかな?化石燃料(かせきねんりょう)をつかうと二酸化炭素(にさんかたんそ)とい う気体(きたい)が出てくる、そのせいで気温がどんどん高くなるって言われているんだよ、バイオディーゼル燃料は植物(しょくぶつ)から油をとって、それを燃やすから植 物が成長(せいちょう)するまでに二酸化炭素(にさんかたんそ)を吸収(きゅうしゅう)してくれているおかげで、二酸化炭素(にさんかたんそ)はプラス・ マイナスでゼロになるって言われてるよ、これをカーボン ニュートラルって言うんだ!

しかも、みんなの住んでいる岡山市(おかやまし)では、天ぷら油(てんぷらあぶら)からバイオディーゼル燃料をつくっている、この方法だと使った天ぷら油を捨てるかわりに燃料(ねんりょう)として使えるからよりエコロジーで環境(かんきょう)にやさしいんだよ!